製品情報

  • コンポーネント
  • ドキュメントマネジメント機器
  • 小型FA機器
  • 携帯情報端末機器
  • セキュリティ
  • 環境関連機器
  • 過去の製品リリース

セキュリティ

SMLFFR YaraiSiteVisorFortiGateHUNTSMANSplunkログマネジメントline

ソフトウェア×分析×コンサルティングで
キヤノン電子の業務改革ノウハウをご提供いたします

業務改革×セキュリティ×コンプライアンスログマネジメントサービスは、独自のセキュリティソフトウェア「SML(Security Management with Logging)」を用いた業務改革手法による、ホワイトカラー業務の分析をもとに

1.業務改革の推進支援

2.情報漏えい対策の実行

3.コンプライアンス問題の解決


を図るためのサービスです。


1.業務改革

ムダの徹底排除でホワイトカラーの生産性を劇的にアップ!

資源価格の高騰、世界的なインフレ、景気の悪化などによる売上げの伸び悩み・・・これからの企業の未来を考えたとき、人材の有効活用は不可欠です。
数百社に導入実績のある、「売上が横ばいでも利益率を10倍に」したキヤノン電子が実践した手法をご提案します。
社員がパソコンを稼動させている時間は平均約7時間です(弊社実測値)。人件費の約80%がパソコンの前で消費されているということです。つまり、パソコンの操作履歴(ログ)を分析することにより、ホワイトカラーのムダを見える化することができます。
パソコンを怠惰の隠れ蓑にさせない適切なマネジメントにより社員が生き生きと働ける明るい職場づくりをお手伝いいたします。
(参照:『椅子とパソコンをなくせば会社は伸びる!』(キヤノン電子代表取締役社長 酒巻久・著/祥伝社))

 

 

2.情報漏えい対策 

ターゲットと目的を絞った合理的なセキュリティ対策

セキュリティと一口に言っても方法・ツールは多種多様。何から手をつけてよいか分からずムダな投資をしていませんか?
情報漏えいには「無意識」によるものと、社内失業者などの不満分子や産業スパイによる「故意」のものとがあります。これらを分けて対策を講じる必要があります。
「無自覚」による情報漏えい対策にはデバイスの制御、添付データ付きメール送信先の制限、Winnyなどのアプリケーションの制限などを。
「故意」による情報漏えい対策には社員の行動分析、転職・退職の予期、会社への不満などのチェック、パソコン利用時間の制限などを。
それぞれの要因に対して適切な対策を講じることで情報漏えいの危険を未然に防ぐことができます。ログマネジメントのコアツール「SML(Security Management with Logging)」にはこれらを解決する機能が搭載されています。 

 

3.コンプライアンス対策

見過ごしがちなコンプライアンス違反 
大問題になる前に早急に手を

著作権違反、環境型セクハラなどがパソコン上で行われるのはご存知ですか? ゲーム、音楽、映画の海賊版のコピーや閲覧が御社の中で行われた場合、著作権違反で訴訟を起こされる可能性があります。またアダルトサイトや動画などのコピーや閲覧が行われた場合、周囲に性的な不快感を与え、環境型セクハラとなります。
こうした事象は見えにくく、また世間の認識も低いため見過ごされがちですが、実は重大な問題です。ログマネジメントの分析サービスで企業内のコンプライアンス違反や危険性を診断いたします。