製品情報

  • コンポーネント
  • ドキュメントマネジメント機器
  • 小型FA機器
  • 携帯情報端末機器
  • セキュリティ
  • 環境関連機器
  • 過去の製品リリース

セキュリティ

SMLFFR YaraiSiteVisorFortiGateHUNTSMANSplunkログマネジメントline

FFR yarai

サービス概要 特徴 システム要件 お問い合せ

標的型攻撃で利用される未知の脆弱性やマルウェアの検知・防御に特化した次世代のエンドポイントセキュリティ
標的型攻撃は、単なるウイルス攻撃ではなく特定の標的を狙ったハッキング行為であり、一般的なウィルス対策技術では防御が困難です。単純なウイルス攻撃ではなく、特定の標的を狙ったハッキング行為です。標的型攻撃に対抗するためには、従来型の攻撃ではすり抜けてしまう標的型攻撃に特化した対策を進める必要があります。






FFR yaraiの強み

既知未知にかかわらず、脆弱性攻撃を防御
標的型攻撃では多くの場合、脆弱性攻撃が利用されます。既知の脆弱性だけでなく、 未知の(0-day)脆弱性が利用される場合もあり、従来の対策では防ぐことができません。  「FFR yarai」は、独自の検出ロジック(特許技術)で、既知未知に関係なく、脆弱性攻撃を防御します。

パターンファイルに依存せず、未知のマルウェアに対抗
特定の組織団体に対して個別に作成される標的型攻撃マルウェアの場合、攻撃の事実が表面化しにくく、 アンチウイルスベンダーの対応も遅れがちで、気付いた時には手遅れのケースも想定されます。  「FFR yarai」は、パターンファイルに依存することなく、様々な角度からマルウェアを分析し、  マルウェア特有の「悪意」ある構造や振る舞いをリアルタイムに捕えるため、未知のマルウェアによる攻撃からも防御します。

標的型攻撃対策におけるエンドポイントの優位性
ネットワークでの対策に比べて、エンドポイントでの対策は、プロセス情報、メモリ情報など 多くの情報を活用することで、精度の高い検出が可能です。  また、ネットワーク型のソリューションは、大量の通信の中から不正な通信を検知することに重点を置いており、  パフォーマンスの観点から防御機能を限定しているものもあります。  さらに、導入時のネットワーク構成の変更や、障害対策などを考慮する必要があり、  導入運用の負荷も比較的高い傾向があります。

端末パフォーマンスへの影響が少ない
「FFR yarai」は、パターンファイルに依存しないため、従来のセキュリティ対策製品のように 毎日のアップデート作業やスキャンが必要ありません。これにより、ユーザーはスキャンによる 端末パフォーマンスの低下に悩まされることもありません。  「FFR yarai」では、年に2回程度、新しい脅威に対抗するための検出エンジンの改良を行っており、  その際にはアップデート処理を行う必要があります。

官公庁や重要インフラ企業での採用実績も多数ある日本発の次世代セキュリティ対策
開発元であるFFRIでは、設立当初から標的型攻撃に関して独自の視点で調査研究を行っており、様々な国家的な研究プロジェクトにも関与してきました。 「FFR yarai」は、それらのノウハウを注ぎ込み、純国産の技術で開発した製品で、 厳格なセキュリティ対策が求められる官公庁や重要インフラ企業、金融機関での採用実績が多数あります。





※FFR yaraiは、株式会社FFRIの商標または登録商標です。
▲上へ戻る