• 会社概要
  • 沿革
  • 環境への取り組み
  • 品質への取り組み
  • コーポレートガバナンス
  • 生産・業務革新
  • 事業所・工場・グループ会社
  • 出版物・広報誌
  • 環境への取り組み

    環境への取り組みイメージ 環境への取り組みイメージ

    環境保証

    キヤノン電子の環境保証

    キヤノン電子株式会社は全ての事業活動において、地球規模の環境保護に積極的に貢献することを基本目的とし、環境に対する責任を認識したスピードある行動力で環境保証面の諸施策を推進します。

    企業理念 -共生-

    世界の繁栄と人類の幸福のために貢献することそのために企業の成長と発展を果たすこと。

    環境保証理念

    世界の繁栄と人類の幸福のため持続可能な経済の発展と地球環境との調和に貢献すること。

    環境保証目的 -先進的技術革新-

    1. 製品企画から廃棄までの一生を通して地球環境と調和する世界一の製品を作ること。
    2. すべての事業活動において地球規模の環境保護に積極的に貢献すること。

    環境基本方針

    1. 地球環境と調和する製品の開発を進め、環境負荷の極小化を図る。
    2. 環境に与える影響を最小限に抑えた生産工場への取り組みを推進する。
    3. 環境に関する法を遵守することを第一とし、行政の要請には積極的に協力する。
    4. 環境保証が社会のルールに基づき適切に実施され、 環境負荷への継続的改善に結びつける。
    5. 地球環境保護意識を向上させる為の環境教育・啓蒙活動を積極的に展開する。

    スローガン

    「 急ごう、さもないと会社も地球も滅びてしまう。」

    環境保証の歩み

    1970年代

    1971年(昭和46年)
    公害防止委員会設立

    1980年代

    1988年(昭和63年)
    8月:フロン対策委員会設立、フロン・トリエタン廃絶活動開始

    1990年代

    1991年(平成3年)
    3月:環境保証実行管理委員会設立
    10月:廃棄物(紙5種)分別開始
    1992年(平成4年)
    環境保証実行管理委員会再編
    12月:フロン・トリエタン廃絶
    1993年(平成5年)
    廃棄物(プラ、廃液)分別開始)
    塩素系溶剤廃絶活動開始
    省エネ活動開始
    1995年(平成7年)
    環境保証実行管理委員会再編
    10月:美里事業所  BS7750認証取得
    1996年(平成8年)
    美里事業所ISO14001に切換
    1997年 (平成9年)
    11月:塩素系溶剤廃絶
    1999年(平成11年)
    6月:赤城事業所ISO14001認証取得
    7月:影森事業所ISO14001認証取得

    2000年代

    2000年(平成12年)
    2月:キヤノンエレクトロニクスマレーシアISO14001認証取得
    2005年(平成17年)
    7月:キヤノングループISO14001統合認証取得
    2009年(平成21年)
    7月:キヤノングループISO14001統合認証に東京本社を追加

    2010年代

    2012年(平成24年)
    4月:キヤノンエレクトロニクスベトナムISO14001認証取得
    2016年(平成28年)
    7月:キヤノングループISO14001統合認証にキヤノンエレクトロニクスベトナムを追加