News Release

2021.1.27当社製の超小型人工衛星の受注を開始

キヤノン電子は、超小型人工衛星本体、衛星コンポーネントについて、順次、受注を開始いたします。 弊社では、キヤノングループの技術を結集した民生品技術や供給網を用い、また、調達に時間のかかる部品はあえて一定の在庫をもつことで、高品質・短納期を強みとした提供を目指します。国内外の人工衛星市場に安定した品質でスピーディーに製品を供給することで超小型人工衛星利用シーンの活性化につながることを期待しています。また、衛星画像についても受注を開始いたします。

■超小型人工衛星ラインナップ
・CE-SAT-I(500mm×500mm×850mm) / 光学望遠鏡 口径400mm 搭載
・CE-SAT-II(292mm×392mm×673mm) / 光学望遠鏡 口径200mm、87mm 搭載
・CE-SAT-III(100mm×100mm×300mm)
ミッションに応じて適切なサイズの衛星を選ぶことが可能です。それぞれCE-SAT-I(2017年6月打ち 上げ)、CE-SAT-IIB(2020年10月打ち上げ)、TRICOM-1R(2018年2月打ち上げ)にて軌道上での運用実績を積んでいます。

■コンポーネント
・光学望遠鏡(口径400mm、200mm、87mm)
EFマウント仕様となっておりますが、お客様のご要望に応じてカスタム化も可能です。口径400mmと200mmの望遠鏡にはフォーカス調整機構がついており、軌道上での調整が可能です。
・超高感度カメラ
衛星軌道上からの夜間の超高感度撮影を実現するために宇宙用に専用設計したものです。 CE-SAT-IIBに搭載されており、軌道上実証を経て受注を開始する予定です。
・その他
地磁気センサ、太陽センサ、恒星センサ、慣性基準装置、 磁気トルカ、リアクションホイール、 オンボードコンピュータ等

■画像
CE-SAT-Iの撮像画像の受注を開始します。20,000枚を超えるアーカイブの中からユーザーが必要とするシーンの画像を提供することが可能です。また、いくつかの利用シーンを想定した、都市部、沿岸部、河川、農地等のサンプル画像の準備もありますので、ご利用をご検討の際にはお問い合わせください。

今後とも、キヤノン電子グループの宇宙事業への取り組みにご期待ください。

<問い合せ先>
衛星事業推進センター / 広報・宣伝課 E-mail ssl@canon-elec.co.jp
HP(宇宙事業) http://www.canon-elec.co.jp/space/  *画像公開中

Archives