DR-C240/C230

DR-C240/C230

デスクサイドで、多彩なドキュメントをすばやく手軽にスキャン。ハイエンドモデルで実績のある高耐久設計で、信頼性の高い給紙性能、ビジネスに活かせる安定したパフォーマンスを、コンパクト&リーズナブルに実現。様々な紙文書に対応しており、キャリアシートを使えば、ICチップ付きパスポートもADFを通してスキャン可能です。

主な特長

DR-C240/C230は最大60枚の大容量ADF(自動原稿送り装置)で、効率的な高速スキャンを実現。ハイエンドモデルから継承した信頼の給紙機構で、サイズの異なる原稿がセットされている場合でも、薄紙、はがきなど様々な紙種がセットされている場合でも、安定した性能を発揮します。快適かつ効率のよいソリューションを提供し、強力なビジネスパートナーとして業務効率化を促進します。

快適・効率的に作業を進められる高度なパフォーマンス

パスポートスキャン

DR-C240/C230は、imageFORMULAシリーズで初めて、パスポートのスキャンを実現しました。付属のキャリアシートを使って、ICチップ付きパスポートのような厚い原稿を、ADFを通してスキャンできます。

多彩な原稿に対応

以下のような様々な原稿を快適に電子化することができます。

*パスポートをスキャンする際には、キャリアシート(パスポート用)が必要です。
*A3、A2の原稿も、半分に折ることで電子化することができます。

大容量のADF

最大60枚のADF積載量を実現。サイズが異なる原稿を複数枚セットしても、安定した給紙性能を発揮。原稿を何回にも分けてセットする手間を軽減します。

コンパクトさと堅牢性を兼ね備えた
スタイリッシュボディー

ビジネスシーンによく馴染む、高級感溢れるスタイリッシュなデザイン。デスクに置いても作業スペースを広く確保できるように、ヘビーユースに応える高耐久ながらコンパクトにまとめたボディを実現しています。

高速スキャン

1度の給紙で表裏両面を読み取ることができる機構で、枚数の多い文書でも、サクサク効率的にスキャンできます。

DR-C240 読取速度(A4タテ)

片面 (枚/分) 両面 (面/分)
白黒 / グレースケール カラー 白黒 / グレースケール カラー
200 dpi 45 30 90 60
300 dpi 45 20 90 40

DR-C230 読取速度(A4タテ)

片面 (枚/分) 両面 (面/分)
白黒 / グレースケール カラー 白黒 / グレースケール カラー
200 dpi 30 30 60 60
300 dpi 30 20 60 40
便利な機能

信頼性の高い技術で更なる生産性の向上を

使いやすいオペレーションパネル

スタートやストップ、その他の基本操作を、オペレーションパネル上で簡単に行うことができます。

重送検知後もスムーズにスキャンを継続

複数枚の原稿が重なって搬送されたときには、上部のセンサーが発信した超音波を下部のセンサーが受信して重送を検知する「超音波重送検知」により、搬送を自動的にストップさせます。
写真や付箋紙などを貼った原稿をスキャンする際には、継続スキャン中に画面に表示された重送確認ダイアログでDFR(Double Feed Release)を選択するか、本体のDFRボタンを押すと、原稿の重送ではないと判断しスキャンをスムーズに再開します。

※DFRは継続スキャンモードと重送検知機能を有効にしているときのみ使用可能です。

白紙バッチ区切り機能

白紙を原稿束の境と判断し、ファイルを自動で分割・生成することができます。

スキャンの効率と
クオリティを向上させる多彩な機能

多彩なインテリジェント画像処理機能を搭載。
詳細は画像処理機能のページをご参照ください。

同梱ソフトウエア

DRスキャナーシリーズ専用のアプリケーションソフトウェア。
用途・作業のフローに合わせて使い分けが可能です。
詳細は各ソフトウェアのページをご参照ください。

主な仕様

DR-C240/DR-C230 主な仕様

型式 デスクトップ シートフェッド スキャナー
原稿サイズ 普通紙 横 : 50.8 mm – 216 mm
長さ : 54 mm – 356 mm
長尺対応は3,000 mmまで
名刺 50.8 mm x 85 mm 以上
カード 54 mm x 86 mm(ISO準拠)
パスポート サイズ : 88 mm x 125 mm(ISO準拠)
※パスポートをスキャンする際には、パスポートを必ず同梱のキャリアシートに、スキャンするページを開いた状態で入れてください。
原稿の厚さ 普通紙 分離搬送時:
0.04 mm – 0.25 mm
(27 – 209 g/m²)
非分離搬送時:
0.04 mm – 0.3 mm
(27 – 255 g/m²)
名刺 0.45 mm(380 g/m²)以下
カード 0.76 mm 以下
エンボス加工カードは1.4 mm 以下
パスポート 4 mm 以下(キャリアシート(パスポート用)含む)
原稿供給方式 自動
読み取りセンサー CIS
光源 LED
読み取り面 片面 / 両面
読み取りモード 白黒, 256階調グレースケール, 24-bitカラー, 誤差拡散, アドバンストテキストエンハンスメント, アドバンストテキストエンハンスメントモード II
出力解像度 100 x 100 dpi / 150 x 150 dpi / 200 x 200 dpi / 240 x 240 dpi / 300 x 300 dpi / 400 x 400 dpi / 600 x 600 dpi(50~600dpiで1dpi 毎指定可能)
DR-C240
読み取りスピード*
白黒 / グレースケール 200 dpi, 300 dpi : 45 枚 / 分(片面), 90 面 / 分(両面)
カラー 200 dpi : 30 枚 / 分(片面), 60 面 / 分(両面)
300 dpi : 20 枚 / 分(片面), 40 面 / 分(両面)
DR-C230
読み取りスピード*
白黒 / グレースケール 200 dpi, 300 dpi : 30 枚 / 分(片面), 60 面 / 分(両面)
カラー 200 dpi : 30 枚 / 分(片面), 60 面 / 分(両面)
300 dpi : 20 枚 / 分(片面), 40 面 / 分(両面)
インターフェイス Hi-Speed USB 2.0
ドライバー / ソフトウェア ISIS/TWAIN ドライバー, CaptureOnTouch, CapturePerfect
その他の機能 半折りモード, 超音波重送検知, DFR
外形寸法(W x D x H) 給紙トレイを取り付け、排紙トレイを閉じた状態
291 mm x 253 mm x 231 mm
給紙トレイを取り付け、排紙トレイを開いた状態
291 mm x 603 mm x 363 mm
重量(ACアダプター除く) 約 2.8kg
電源(ACアダブター使用) DC24V 1.0A
消費電力 動作時 19W 以下
待機時 1.4W 以下
電源スイッチOFF時 0.1W 以下
使用環境 気温 : 10°C – 32.5°C
湿度 : 20% – 80%
オプション / 消耗品 フラットベッドスキャナーユニット 102/201, バーコードモジュール, 2D コードモジュール, 交換ローラーキット(フィードローラー、リタードローラー), キャリアシート(パスポートサイズ), キャリアシート(A4サイズ), ネットワークアダプターWA10
* 実際の読取スピードは、お使いのコンピューター環境、スキャナーの各種モード設定、その他の要因によって異なります。
* 上記仕様は予告なく変更する場合があります。
CanonおよびCanonロゴは、キヤノン株式会社の、米国またその他の国における商標又は登録商標です。
imageFORMULAはキヤノン電子株式会社の商標です。
Microsoft、WindowsはMicrosoft Corporationの、米国またその他の国における商標又は登録商標です。
その他、掲載されている社名及び商品名は、各社の商標又は登録商標です。
Adobe, Adobeロゴ、Acrobat、Adobe PDFロゴ、Adobe Readerは、Adobe Systems Inc.の、米国またその他の国における商標又は登録商標です。

製品に関するお問い合わせ

DR-C240/C230に関するお問い合わせ

お名前(漢字 全角)必須

フリガナ(全角)必須

お電話番号(半角)

メールアドレス(半角)必須

貴社名(法人の場合)

お問い合わせ内容 必須
(全角420文字程度以内)

同意 必須

  • ご入力いただいた個人情報は、キヤノン電子株式会社もしくはグループ会社からのご回答、及びサービス向上のために使わせていただきます。
  • お問い合わせ内容によっては、返信に時間を頂戴する場合があります。又、弊社から回答することが適切でなく、返信出来ない場合もありますので、あらかじめご了承下さい。
  • このフォームはSSL(Secure Sockets Layer)通信によって、お客さまの大切な情報を暗号化して送信します。
  • 半角カタカナで記入されますと、正しく表示されなかったり、送信できなかったりします。 半角カタカナでの記入はご遠慮下さい。又、機種依存文字の入力もご遠慮下さい。
  • キヤノン電子株式会社の【個人情報保護方針】および【個人情報の取り扱いについて】の詳細につきましては、こちらをご参照ください。