CSR・環境

人と地球が共生する
キヤノン電子の環境経営

CSR・
環境ビジョン

トップメッセージ

世界トップレベルの環境経営を積極的に進め
CSR・環境先進企業を目指すとともに、
持続可能な開発目標(SDGs)達成に貢献します

平素よりキヤノン電子の事業活動にご理解・ご協力いただき、ありがとうございます。
いま企業は、「健全な経営を通して社会に貢献する」ことが強く求められていると考えます。
当社は、キヤノングループの掲げる「共生」の理念の下、世界トップレベルの高収益企業を目指し、優れた製品を広く世界に提供すると共に、環境保護活動やコンプライアンスを推進し、「環境経営」を積極的に進めてまいりました。
また、当社は様々な社会の要請や期待、環境変化に柔軟に素早く対応し、自社の持つ技術やノウハウを結集して、全社員が「企業として社会に貢献する」意識と危機感を持ち、自発的な行動をしています。
更には、自社の持つ加工技術、専門性を持つ多様な人材を活用して新しい分野への展開を進めるなど、全社を挙げてCSR・環境活動を行っています。
当社は引き続き「共生」の理念の下、チャレンジ精神と自社の強みを活かして「より良い社会の実現」に貢献し、世界トップレベルの高収益企業を目指してまいります。
今後もより一層のご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

キヤノン電子株式会社
代表取締役社長

基本的な考え方と取り組み姿勢

キヤノン電子は、キヤノングループ企業理念である「共生」の理念のもと、環境保証活動と事業活動の両立に取り組み、社会的責任を全うする企業を目指しています。

キヤノン電子は、「キヤノングループ環境憲章」を環境保証の基本方針とし、環境保証活動に取り組んでいます。そして全ての事業活動において、環境保証活動と経済活動の2つのベクトルの一致(EQCD思想)を目指し、「環境経営」に取り組んでいます。
「環境経営」とは、環境負荷の低減策を通して、コスト削減と利益の創出を図る企業活動のことです。そのためには、環境対策の基本である3Rの中でも、特にReduce(リデュース)が大事になると考えます。

キヤノングループ環境憲章

企業理念「共生」
世界の繁栄と人類の幸福のために貢献すること
そのために企業の成長と発展を促すこと

環境保証理念
世界の繁栄と人類の幸福のため、
資源生産性の最大化を追求し、
持続的発展が可能な社会の構築に貢献する。

環境保証基本方針
すべての企業活動、製品およびサービスにおいて、
環境と経済の一致をめざし(EQCD思想)、
資源生産性の革新的な改善により、
“環境負荷の少ない製品”を提供するとともに、
人の健康と安全および自然環境を脅かす、
反社会的行為を排除する。

EQCD思想

モノつくりに関する基本概念・姿勢

E:Environment(環境)
環境保証ができなければモノを作る資格がない

Q:Quality(品質)
品質がよくなければ売る資格がない

C:Cost(コスト)

D:Delivery(供給)
コスト、納期が達成できなければ競争する資格がない

キヤノン電子 環境スローガン

急ごう!さもないと会社も地球も滅びてしまう

キヤノン電子は、環境マネジメントシステムの重要性を早くから認識し、1955年にISO1400の前身であるBS7750を美里事業所で取得。以来、秩父事業所、赤城事業所、東京本社、キヤノン電子マレーシア、キヤノン電子ベトナムと国内外の全生産拠点及び事務拠点で環境マネジメントシステムの導入を行い、環境経営の根幹としてきました。
2005年には環境経営の強化を目指し、キヤノングループ全体でマルチサイト認証への移行を開始。2013年には全ての拠点がマルチサイト認証に加わりました。2015年には認証の基準をISO14001-2015に移行し、特に製品環境保証に重点を置いた環境保証活動を強化・推進しています。

キヤノン電子では、環境保証活動を重要経営課題とする認識のもと、社長直轄組織として「環境保証実行管理委員会」を設置しています。
また、各事業拠点、各事業部の特徴に合わせた環境保証活動を実現するため、各事業拠点および事業部には「環境保証実行委員会」を設けています。

キヤノン電子の
「環境経営」に
おける
3つの
重点取り組み

3つの重点取り組み

3つの重点取り組み

独自の循環型経営

独自の好循環を生み出す経営方針により、人類社会全体に貢献する企業を目指しています。

社員を大切に育てる

キヤノン電子では、社員を大切にし、社員一人ひとりが最大限の能力を発揮できる体制をつくるとともに、環境についての意識を高め、将来に渡り必要とされるスキルと感性を持った未来志向の人材育成を目指しています。

人材育成 健康経営 意識改革運動 人事制度
詳しく読む

職場・工場を育てる

社員の能力を最大限に引き出す職場環境を創り出すことで、品質と生産性を高めます。

継続的な生産性改革 地産地消型の社員食堂 自然やアートと調和した職場環境
詳しく読む

企業を育てる

高収益企業体質を作り上げることで更なる品質と生産性の向上へと循環し、社員が安心して働き続けることができる企業を目指します。

世界トップレベルの高収益企業の実現と好循環の創出 新規事業への積極的な進出
詳しく読む

3つの重点取り組み

製品のライフサイクルを
通じた環境負荷削減

「順法」、「地球温暖化」「省エネ・省資源・有害物質排除」を柱として、全社一丸となって
環境保証活動を推進することで、人と環境にやさしいモノ作りを目指します。

順法

国内外の生産拠点では、大気・水質・騒音を主体に、法令で定められる基準よりも厳しい値を掲げて環境保全に努めています。

特定施設の届出、廃棄物の処理方法、日常の環境保証行為に関しては、内部及び第三者による年1回の遵法監査を実施しています。2018年度も規制基準値の違反をはじめ、不祥事はありませんでした。

大気・水・土壌汚染の防止

大気・水・土壌の汚染防止のために積極的な活動を実施しています。

大気 土壌汚染
詳しく読む

温室効果ガス排出量の削減

エネルギーを効率的に利用することで温室効果ガス排出量の削減に努めています。

エネルギー効率の優れた設備への計画的更新 温泉熱や太陽光発電など再生可能エネルギーの取り組み
詳しく読む

水資源の有効活動

排水や雨水を再利用することで水資源を有効活用しています。

排水や雨水の再利用
詳しく読む

廃棄物の削減

製造過程で排出される廃棄物の削減に努めています。

各拠点での副資材や消耗品の有効利用 乾電池駆動の工具をAC駆動化 透析によるめっき廃液削減 資源再利用による内部循環(帯電防止袋、アルミ材)
詳しく読む

化学物質の適正な管理と削減

製造過程で使用される化学物質の積極的な削減に努めています。

無駄削減 再利用・揮発防止による使用量削減
詳しく読む

製品の包装・梱包に使用するプラスチックの削減

グローバルで経済成長が進むにつれ、資源や環境に対する社会的な課題・関心が高まっています。環境省でも2030年までに、使い捨てプラスチック容器や包装、レジ袋などの排出量を25%減らす目標を掲げています。これらの動向を踏まえ、当社も資源を使ってものづくりをするグローバルメーカーの責務として、プラスチック削減を積極的に進めています。

まずは、ドキュメントスキャナー、ハンディターミナル製品の包装・梱包材から取り組みを始め、プラスチックレスの推進と共に、外部業者とも協働し、環境に配慮したプラスチック以外の包装・梱包材や、新しい環境配慮素材の研究開発を目指して引き続き活動を行ってまいります。

ドキュメントスキャナー製品における取り組み ハンディターミナル製品における取り組み
詳しく読む

3つの重点取り組み

地域社会に根差した
社会貢献活動

キヤノン電子では、各事業所の周辺地域の環境保全活動に取り組むとともに、
住民の方々と積極的にコミュニケーションをとり、地域社会全体への貢献を目指しています。

全事業所で共通した取り組み

キヤノン電子のすべての事業所では、清掃活動をはじめとして周辺環境の美化に社員一丸となって取り組んでいます。

事業所周辺の美化活動 生ごみ処理機による肥料化 私物の持ち帰りの徹底 ビオトープ活動 エコキャップ回収 献血活動 アースアワーの参加 事業所周辺の地元学校でのCSR啓発活動
詳しく読む

東京本社

キヤノン電子では、東京本社周辺地域社会とのつながりを大切にし、屋上の緑化など特色ある社会貢献活動を推進しています。

屋上及び壁面の緑化 港区ごみ減量優良事業者等表彰の受賞 関東地区電気使用合理化委員会委員長表彰最優秀賞の受賞
詳しく読む

秩父事業所

キヤノン電子では、秩父事業所周辺地域社会とのつながりを大切にし、「三峰千年の森」の整備など特色ある社会貢献活動を推進しています。

三峯神社(秩父市)環境保護活動 「三峰千年の森」整備事業 「秩父宮杯埼玉県自転車道路競走大会」への協賛 秩父夜祭への協賛
詳しく読む

美里事業所

キヤノン電子では、美里事業所周辺地域社会とのつながりを大切にし、クリーン美里への参加など特色ある社会貢献活動を推進しています。

クリーン美里への参加 エコライフDAYへの参加 オオタカをはじめとした地域の動物の保護活動
詳しく読む

赤城事業所

キヤノン電子では、赤城事業所周辺地域社会とのつながりを大切にし、ハーフマラソン大会への協賛など特色ある社会貢献活動を推進しています。

「やさい王国昭和村河岸段丘ハーフマラソン」への協賛 写真教室 羊による事業所内の緑地整備
詳しく読む

キヤノン電子マレーシア

キヤノン電子マレーシアでは、周辺地域社会とのつながりを大切にし、近隣企業との合同清掃など特色ある社会貢献活動を推進しています。

廃食油のリサイクル教育活動 ペナン州クアラ・ムダ海岸清掃 近隣企業との合同清掃 遊休備品の寄贈
詳しく読む

キヤノン電子ベトナム

キヤノン電子ベトナムでは、周辺地域社会とのつながりを大切にし、海岸清掃など特色ある社会貢献活動を推進しています。

海岸清掃 CSR・環境啓発活動の推進 貧困学生の支援 古着寄付活動
詳しく読む

SDGsとの
関わりについて

キヤノン電子では、「共生」の理念のもと、
独自の視点から持続可能な社会の実現に取り組んでいます。
2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」との関わりについてご紹介します。

独自の循環型経営

キヤノン電子では、継続的な生産性改革を下支えとして「資源生産性の最大化」を目指すことによって「環境保証活動」と「企業としての経済活動」のベクトルを一致させる独自の循環型経営に取り組んでいます。社員を公平かつ大切に扱い、未来志向の人材を育成するとともに、自然と調和した働きやすい職場環境の創出を目指します。また、生産効率性の向上により高められた品質と利益率は、新たな技術革新のために再投資されるだけではなく、他社とも協力しつつ積極的な新領域進出の原動力となっています。
こうした取り組みは、SDGsゴールの3、5、8、9及び17とも合致します。

製品のライフサイクルを通じた環境負荷削減

キヤノン電子では、環境規制関連の法令順守は当然として、「資源生産性の最大化」達成のために、あらゆる環境負荷行為を削減した人と環境にやさしいモノづくりを目指しています。限られた資源を有効に使い、温室効果ガスの排出量を最小限に留めるだけでなく、製品の品質を高めることでロスの削減とお客様の安心と安全にも貢献しています。
こうした取り組みは、SDGsゴールの7、12及び13とも合致します。

地域社会に根差した社会貢献活動

キヤノン電子では、各事業所の周辺地域の環境保全活動に取り組むとともに、住民の方々と積極的にコミュニケーションをとり、地域社会全体への貢献を目指しています。事業所周辺の美化活動や、生物多様性を尊重した野生動物の保護、地域の学校におけるCSR活動の啓発、地元のイベントへの参加・協賛等、様々な角度から地域社会へ貢献しています。
こうした取り組みは、SDGsゴールの11とも合致します。