Handy Terminal SolutionHandy Terminal Solution

ハンディターミナル
ソリューション

1台から導入可能!
キヤノン電子のKNToolがハンディターミナルの常識を覆す

About Handy TerminaAbout Handy Termina

小規模導入を可能にする
ハンディターミナルソリューションについて

こんなことをやりたいと思っていませんか?

その作業、ハンディターミナルを
使って効率化しませんか?

ハンディターミナルとは

ハンディターミナルとは、バーコードや2次元コードを読み取るデータ収集端末で、優れた操作性と堅牢性に特長があります。データをリアルタイムに収集・処理することができるため、在庫管理や、入出荷、集荷、生産管理、商品管理等、様々な業務プロセスで利用されています。
商品入荷を行う際にハンディターミナルを利用しているシーンはよく目にする光景です。物流業界はもちろん、製造業、小売業界でも導入が進んでおり、イベント会場の受付等、その利用シーンも広がりをみせています。

業務の大幅な効率化とミス防止に貢献

手書きの帳票管理や、PCへの伝票番号の手入力は非常に時間がかかる作業です。
ハンディターミナルを使ってバーコードを読むことで、これまでの手書き作業や手入力業務を大幅に改善することができます。また、紙による集計では人為的なミスを避けられませんが、ハンディターミナルを利用することでミスを防止することができます。
ハンディターミナルは、アイデア次第で様々な業務プロセスに利用可能です。
お客様のその作業、ハンディターミナルを使って効率化しませんか?

最大のハードルは
アプリケーション開発コスト

ハンディターミナルの導入にあたって、最も高いハードルとなるのがアプリケーション開発です。
お客様の業務で使われるハンディターミナルは、読み取ったデータをどう処理するのか、画面上でどういった操作が必要となるのか等、各業務に応じた専用のアプリケーションの開発が必要となります。アプリケーションの開発は多額の投資と開発期間が必要となるため、ハンディターミナルを使って業務を効率化したいと考えても、開発コストがネックとなり導入に至らないケースは少なくありません。
また、お客様の業務の中にはそこまで複雑な操作を必要とせず、数台のハンディターミナル導入で業務効率化を達成できる場合も多くあります。そういったお客様の場合は、アプリケーション開発コストと導入による効率化の費用対効果が合わず、導入を断念せざるを得ないという声を多く聞いております。

ハンディターミナル導入に悩んだら
キヤノン電子にお問い合わせください

キヤノン電子では、ハンディターミナルのアプリケーションを簡単に作成出来るツールをご用意しております。
これまで開発コストと納期がかかるため導入を断念していたお客様のお悩みを解決し、低予算・短納期でご提供が可能です。
「ハンディターミナルを使って業務を効率化したい」
「導入費用を安く抑え、早く、簡単に導入したい」
「まずは数台だけ導入したい」
とお考えのお客様は是非キヤノン電子にお問い合わせください。
お客様の業務内容やご要望を丁寧にお聞きし、最適な専用アプリケーションを「安く」「早く」提供いたします。

柔軟な導入を実現する
キヤノン電子の『KNTool』

KNToolとは

「KNTool」とはキヤノン電子が開発したアプリケーション作成ツールです。
プログラミングスキルを必要とせず、ドラッグ&ドロップで簡単に作成出来るため、低コスト・短期間でお客様ご自身がアプリケーション作成が可能です。
またキヤノン電子にて、お客様のご要望に応じたアプリケーション作成支援も行います。

KNToolの特長

対応モバイル機種のご紹介

操作性と耐久性に優れたモバイル製品はさまざまな業務にお使いいただけます

導入事例のご紹介

自社工場の部品管理に
ハンディターミナルを活用しています

ハンディターミナルは、キヤノン電子秩父事業所で生産されています。ハンディターミナルの生産に必要な部品は、部品庫にて管理されており、生産に応じて順次部品が入庫されます。入庫される各部品は、指定された部品棚にて効率よく、かつ正確に入庫管理する必要があります。
従来の入庫作業は、PC画面に表示された部品庫マップ(アドレス)を確認し、指定の部品棚に入庫するというフローで行っていましたが、部品の数が多くなるとPCの画面と部品棚とを何度も往復する必要があり、非効率な作業となっていました。
そこでハンディターミナルを導入し、部品のバーコードを読むと部品ID/名称/アドレス等が画面に表示されるアプリケーションを開発。部品棚にもアドレスバーコードを貼り付け、部品の誤入庫を検知するとエラーを通知することで、誤入庫を防止するようにしました。更に作業日時や作業者のログが残るため、問題発生時に入庫履歴が分かり、早期対応を可能としました。
こうした仕様のアプリケーションは、KNToolを使って短期間で開発。生産工程へもスムーズに導入することができました。
その結果、PC画面を何度も確認のために往復する必要がなくなり、作業効率が大幅に効率化されるとともに誤入庫によるミス防止にも役立っています。
今後も順次、自社工場内での業務に対応したアプリケーションを開発し、独自の生産改革に取り組んでいく計画です。

お問い合わせ お問い合わせ