経営改革ソリューションセキュリティソリューション働き方改革支援ソリューション

働き方改革支援ソリューション

パソコンの操作ログを収集し、企業のテレワーク時の適切な労務管理や、仕事可視化を支援します。完全クラウド型のサービスも提供可能ですので、先ずは無料トライアルでお試し下さい。


SML Blue Cloud – テレワーク業務可視化サービス

SML Blue Cloud – テレワーク業務可視化サービス

新型コロナウイルス感染症対策として、テレワークでの勤務の割合が増加しています。 「テレワーク中は社員の勤務状況の把握が困難で、早朝や深夜、休日などのサービス残業の実態が把握できない」とお困りの声を聞きます。 SMLは、PC利用状況の可視化を支援し、お困りの状況を解決します。

このような課題をお持ちではありませんか?

このような課題をお持ちではありませんか?
多くのお客様にこのような目的でご利用頂いております。

テレワーク時の勤務把握として、会社への残業申告と実際の
作業実態との乖離があるか把握が出来ずに困っている。
会社に申告している勤務時間と、実際のPC操作時間の乖離を、担当者ごとや部門ごとにまとめて、簡単にグラフで確認ができます。
早朝や深夜、休日に隠れてPCを操作しているようだが、
具体的に勤務時間外に何の作業をしているか確認することができない。
作業者に口頭でヒアリングするしか方法が無い。
早朝や深夜、休日にサービス残業をしていても、誰が、いつ、どのようなファイルや、アプリケーションを操作してしたか、PC操作の詳細が確認できます。
特定の担当者やグループに作業負荷の偏りが無いか確認がしたい。
「PC操作状況一覧画面」で、PCの操作状況がひと目でわかり、業務の偏りや残業の常態化が無いか、特定の人に負荷が集中していないか確認ができます。
申告と実績の乖離確認

勤怠システムのデータを取り込むことで、PC利用実績との乖離をチェック。サービス残業や隠れ休日出勤の有無を確認できます。

業務可視化

社員の1日のPC利用状況を分かりやすくグラフィカルに可視化し、テレワーカーの勤務管理と生産性向上をサポートします。

操作時間の正確な把握

SMLはマウス・キーボードの操作をベースにログを分析している為、実操作時間を正確に把握することができます。

業務内容の正確な把握

アクティブウィンドウのタイトルを表示。
どの業務にどれだけ時間がかかっているか客観的に把握できます。

アプリケーション利用時間集計

アプリケーションごとの使用時間比率を集計。
自身の業務の振り返りに使うことで改善意識を高めます。

ご利用までの流れ

ご契約の前に、10ライセンス、1か月間の無料トライアルが可能です。
先ずは、お試し頂き、期待される結果が得られるかご確認下さい。
トライアル期間中に、使い方や運用方法をご相談頂けます。

お役立ち資料・リーフレット


SML Yellow – PC利用時間制限

SML Yellow – PC利用時間制限

PCの利用時間を制限し、指定時刻で強制シャットダウン。 サービス残業の抑制につながります。

部門、個人ごとに個別設定可能

PCの利用時間を制限し、無断での時間外労働を禁止します。サービス残業の防止、不要な残業の抑制に有効です。
部門、個人ごとに利用時間を設定できます。状況に応じて、管理者による一時許可も可能です。

運用例

9時から18時に設定した場合

指定時刻になると強制的にシャットダウンを行います。
シャットダウン前に警告ポップアップを表示できます。


SML Brown – RPA適正診断サービス

SML Brown – RPA適正診断サービス

RPAをどの業務に適用すればいいのかお悩みではありませんか? インタビューやアンケートで導入範囲を選定すると、時間がかかるうえに正しい姿をとらえることが困難です。 SML BrownはSMLで取得したログを分析し、RPAを適用できるルーチン業務を検出します。

RPA導入フローと課題

RPA導入において、現状分析でお困りのお客様が多くいらっしゃいます。
SML BrownはRPAのスムーズな導入を実現します。

RPA適正診断サービス

特長

1. 定量的なデータの分析

ログを分析してデータを抽出する為、
実操作を定量的に把握可能

2. ユーザーの負担ゼロ

操作を全てログ記録する為、
ユーザーへのヒアリングが不要。

3. スピーディーな結果の報告

通常ログをお預かりした後、
2〜3週間で結果をご報告

サービスフロー

SMLが記録したPC操作ログを分析し、RPAを適用できるルーチン業務を検出します。

お問い合わせ お問い合わせ